【元日本代表】森岡 薫 選手

【応援メッセージ】

僕は挑戦することが非常に大事なことだと思ってます。もちろん不安もありますし、生活や語学の面でも心配が付きまとうと思いますが、先程僕が言ったように、41歳でチャレンジすることより、もっと早く行っていれば良かったと後悔しているからです。海外に挑戦することは、選手としてだけでなく、人としても成長できる、貴重な経験になるはずです。是非挑戦してみてください!

【Q&A】

Q1 海外へチャレンジすることになった経緯は?

A1 キッカケはスペインリーグ1部のチームからオファーがあったことです。長年日本でフットサル選手をやっていて、新たな刺激を求めて海外にチャレンジしました。

Q2 日本と海外の差は?

A2 大きな違いを感じました。フットサル歴の違い。
日本人選手と外国人選手の個人での差は大きく感じませんでしたが、チームでの戦い方、判断力やタイミングは日本では中々見られないものでした。

Q3 ご自身が思う海外経験のメリットは?

A3 メリットとしては、まず日本以外の文化に触れられるということ。様々な人の意見や考え方にも触れることができる、そして僕が1番大事だと思うことは、日本代表を目指す選手であれば、外国人選手と互角に闘う準備になると思います。

元フットサル日本代表・元名古屋オーシャンズ所属

 

【現日本代表】皆本 晃 選手

【応援メッセージ】

海外に挑戦したから上手くなるとは限らない。だが海外に挑戦し、違う文化の中でいろいろな選手たちとプレーすることでしか得られないものはたくさんあります。特に若いうちに挑戦することでこの先のフットサル人生・サッカー人生だけでなく、人生において大きな糧になります。ぜひ!挑戦してみてほしいと思います。

【Q&A】

Q1 海外へチャレンジすることになった経緯は?

A1 フットサルの本場でプレーをしてみたい、本場の選手と一緒にやることで自分がどこまで成長できるのか試してみたいと思ったのがきっかけでした。

Q2 日本と海外の差は?

A2 文化の違いですね。フットサルに対しての想い、考え方、ステータスが違いました。選手それぞれの考え方、周りの人達の感覚、それぞれが積み重なって文化を作っているのだと思うし、それが強さにつながっていると実感しました。

Q3 ご自身が思う海外経験のメリットは?

A3 海外に行くことで、日本で生活・プレーしているだけでは得られないことがたくさんあります、それはいかないとわからないし、日本とは違う生活・文化・プレー・考え方、その中でフットサルをプレーするということは選手としても、人としての成長にとても繋がると思います。

現役フットサル日本代表・府中アスレティックFC所属

【現日本代表】加藤 未渚実 選手

【応援メッセージ】

僕はフットサル日本代表として10ヶ国以上海外へ渡りましたが、もっと早く他国の食文化や言語などの環境や選手としてのメンタリティに触れられていたらと感じています。その経験を若いうちに経験しておくことで自分の価値観に大きな影響を与えてくれるではないかと思います。

Q1 日本代表になり、一番感じる環境などの変化は?

A1 日本代表として合宿などに参加させていただくと、チームがOFFである期間に大会に参加したりなど非常にハードなシーズンを過ごすことになります。なので身体のメンテナンスやコンディションの調整が重要になります。

Q2 日本と海外の差は?

A2 サイドでの1対1での攻守で感じるのは足の長さやスピードによる間合いの違い。また、シュートまでの自分の形を持っていることやシュートの精度が高いと感じました。

Q3 ご自身が思う海外経験のメリットは?

A3 Fリーグや日本代表だけでは味わえない特徴を持った選手と直接対戦することができ、世界のトップレベルを実感して、自分の目指すべき方向性の参考になるなど、刺激になります。

現役フットサル日本代表・シュライカー大阪所属

【元日本代表】橋本 優也 選手

【応援メッセージ】

海外には、日本にいるだけではわからない事がたくさん詰まってます。挑戦をしないと成功も失敗も経験できません!!これからの夢のために今しかできないチャレンジをしていきましょう。応援しています!!

元フットサル日本代表・元名古屋オーシャンズ所属

PAGE TOP